ホスト

女性がホストクラブに通う動機について

仕事に疲れている女性ほど、恋人がほしいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

恋人がいない、というのも現代では珍しくもないのですが、やはり時には男性に頼ったり話をしたくなることだってあるものです。

かといって気軽にお酒を飲める友人もいない場合には、大阪のホストに行ってみる、というのもいいかもしれません。



ホストは日本全国にありますので、まずは店舗探しから始めてみましょう。

大阪には色々な種類のホストがいる中でお気に入りのものを見つけるのもまた楽しみの1つとなります。

ホスト同士はランキングで競っていたりするので、応援することで自分の存在価値を確認できる意味合いもあります。

そういったことにこだわらず、純粋に大阪でホストと一緒にお酒を楽しむ、というのもありです。

女性によって楽しみ方は人それぞれですから、オリジナルの遊び方を身につけるのもよいものです。



大阪ホストに通う女性自身珍しいものでなく、ごくごく普通の主婦やOLが遊びに行っていた、なんていうケースもあります。

遊ぶ際には当然お金が必要になってくるので、1月にどのぐらい利用しても大丈夫かどうかを計算した上で遊ぶことが大事です。

生活をしていく上で絶対にかかってくるお金は使わないようにして、上手に遊んでみてはいかがでしょうか。



私がキャバクラバイトをしていた頃に、一度知り合い男性と一緒に大阪で人気のミナミのホストクラブを訪れたことがあります。

とは言っても、ここ数年以内の話ではなく、少なくとも5年は前の話なのですが。

今では通販番組のカリスマタレントとしても名高い元大阪ホストの方が活躍をしていた頃の時代と、ぼんやりと言ってもいいかも知れませんね。



で、そこでどのような体験をしたかと言えば、もっとも印象深く覚えていることと言えば、「お金を使う気持ち良さを覚えた」ということですね。

「大阪のホストにチヤホヤされることの気持ち良さ」はむしろないですよ。

と、言うよりも、あまりないです。



なぜなら、私が普段は接待する側の人間ですから。

ですから大阪のホストくんたちの「ヨイショ!ヨイショ!」を素直に受け入れたりはできないんですよね。

「はいはい、仕事ね仕事ー」と、思ってしまうものですから。

まあ、実際にそうでしょうし。

当たり前のことでしょうけれど、やたらとお金を使わせようとしてきますしね。



けれどもまあ、こっちとしては「はい、じゃあもてなせー」と、普段とは逆の立場になれることも快感でしたね。

それにシャンパンタワーを入れたら、大阪のミナミにあるとある店内では、ホストが自分のところに集結するんですからね。

そりゃあ、もう快感はあるでしょうよ。



先日、高校時代の友人と久しぶりに会いました。



彼女は大阪の民間企業の事務員として働いているのですが、なんと最近ミナミにあるホスト通いにはまっているとのことでした。

私はホストに行く人は派手でお金持ち、というイメージがあったので、とてもおとなしい友人がホストに行っていることに驚きました。

彼女曰く、高いお酒を頼まなければ全体の料金はそこまでかからないとのことです。



ホストクラブに行ったことがない私は気になって、どうしてホストクラブに通うようになったのかやいつ行っているのかなど、色々聞いてみました。



友人はたくさん大阪のホストについて話してくれましたが、なかでも私が一番びっくりしたのは、「朝ホスト」についてです。

彼女は朝、会社に出勤する前にホストクラブへ行くことがあるそうです。

朝ホストは特に低価格だし、会社に行く前に元気が出ると言っていました。



また、お店の中で話すだけでなく、SNSを通してメッセージの交換もしているそうです。

それを聞いて、グループMの大阪ホストって大変なお仕事だね、と思わず言ってしまいました。



大阪のホストについては今まで全く知識がなく、少し怖いイメージがあったのですが、楽しそうに話す友人を見て、それが彼女のストレス解消になっているのなら、良いものだなと考えを改めました。

関連サイトリンク



派遣モデル・派遣コンパニオンを大阪でお探しの方はどんな環境でも場を華やかにしてくれる女性が在籍しているコチラ「パキラプロモーション」がオススメ!